2012 年振り返り

ちょっと遅くなりましたが、2012 年について振り返っておきます。

  • 3 月に転職した。
  • 仕事で MapReduce ジョブを書いた。
  • 子象本読書会を行った。
  • MySQL に慣れた。
  • Git に慣れた。
  • Mac に慣れた。

2012年の目標と比べるとあまり関係ない感じですね。。

3 月に転職した。

3 月に広告配信系の会社に転職しました。前職では Google Apps 周りを中心に受託開発してたんですが、どうしても Hadoop を仕事で触りたくて。Servicer も初めての経験で色々驚くことばかりでした。特定の業務ドメインに関して勉強するといこともやってみたかったので、とてもおもしろかったです。まだ、競合他社との比較とかその辺までは追えてませんが、アドテクおよび Web 広告に関しては概ね掴めたかと思っています。今まで見ている Web ページの広告がどこ経由で配信されてるのかとか、あーリタゲされてんなーとか、今までとは違った視点で見えるようになっておもしろかったりしますw

仕事で MapReduce ジョブを書いた。

Hadoop との出会いは前職で 2010 年後半に SES で派遣された先で EMR の Hive の検証・導入を行った際でした。そこで心を奪われて、仕事では扱わなかったのですが、個人的にウォッチしている感じでした。そして、今年になって転職先で MR ジョブを書いて、かなりすっきりしました。要はファイルをぶん回すだけのバッチです、以上。みたいな感じですね。オンプレミスで運用しているので、Hadoop クラスタの不安定さも身にしみましたし、概ね学びたいことは学び尽くした感じです。なので、今後は緩い感じでウォッチでもいいかなーぐらいのテンションになってますw

子象本読書会を行った。

有志で Hadoop MapReduce デザインパターン ―MapReduceによる大規模テキストデータ処理 の読書会を行なっていました。3 週間に 1 回ぐらいペースで行なっていて、最終的に 12 回で 10 ヶ月ぐらいかかりました。途中からデータ分析担当の同僚が参加してくれたので、参考書籍を読み漁ったり、質問しまくったりして、隠れマルコフモデルについてだいたい理解できるようになりました。6 章だけで 4 ヶ月ぐらい使ったので、辛抱強く一緒に参加してくれたメンバーにはほんと感謝しています。去年、一番嬉しかったのはこの読書会でして、一緒に勉強できる仲間と巡り会えたのはほんとに嬉しかったです!

MySQL に慣れた。

今の職場で MySQL を利用していることもあり、まぁまぁ慣れたし、色々調査して面白かったです。主に調べたのは排他制御、実行計画、金額計算、タイムアウト辺りです。MySQL はネット上の記事も多いですし、本家のドキュメントが充実しているのでほんとよいなーと思います。ただし、日本語版は古かったり翻訳していない箇所が多いので、英語版を読むようにしていて、そこはちょっと大変だったりしました。英語力をもっと上げないといけないなーと思いました。

Git に慣れた。

前々から勉強するする詐欺をしてたんですが、転職先が Git を使っていたおかげで、かなり慣れたと思います。いやー、慣れるとほんと便利ですね。CUI で diff とか絶対無理と思ってたんですが、今では慣れてしまって特に違和感なくなってたりしますw

Mac に慣れた。

MBP 自体は持ってたんですが、仕事でメインで利用するのが Windows だったこともあり、使用頻度はかなり低かったです。ですが、転職先で PC を自由に選べたので iMac にしたお陰で慣れました。一番大きいのは Eclipse で、1 ヶ月ぐらいはショートカットキーの違いに苦しみましたが、そのぐらいで慣れてその後は快適です。むしろ、今では 10 年近く書いていた Windows でのキーバインドが思い出せないぐらいです。慣れというものについて色々と考えさせられる事象でした。

まとめ

どれも今年の転職がキーになっているものばかりで、転職してよかったなーと思っています。他にも仕事上 Ruby を触ったり、ActiveMQ について調べたりと色々経験できて、面白かったです。とりあえずそこそこ成長はしたと感じられる 1 年だったので、来年も引き続き成長していきたいと考えています。