クラスメソッド株式会社を退職しました

2020年1月31日にクラスメソッド株式会社を退職しました。最終日に盛大な送別会をやってもらい、たくさんのお祝いももらいました。本当にありがとうございました!m(_ _)m

f:id:n-3104:20200201101909j:plain

クラスメソッドには2013年11月に入社し約6年お世話になりました。30代半ばに入社してそれまでシステム開発の経験しかなく、AWSも未経験の状態でした。そこからAWSとそのコンサルティング、プリセールス、技術サポートだけでなく新サービスの立ち上げ、ビジネス要件からオペレーションも含めた業務とシステムへの落とし込み、ミドルマネジメント、採用、育成などなど様々な経験を積ませてもらったと思います。特に後半の3年間はAWSリセールビジネスの成長を維持できるように、ビジネスの仕組を安定稼働させる仕事をメインにやっていた気がします。たくさんのすばらしい同僚やお客様と一緒に仕事をすることもでき、ビジネスと会社の成長に立ち会い、その一部を担うという貴重な経験をさせてもらったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです!

一方で、毎週金曜日になると月曜日が1ヶ月前に感じるような濃密な日々でしたし、正直全く楽ではなくて、日々悩み、もがきながら過ごしていたと思います。打ち合わせが何とかうまくまとまった後に脇に流れる冷たい汗を意識したことは何度もありますし、仕事が立て込んでいるときは合間に深呼吸をして気持ちを切り替えることも何度もありました。まぁ、とはいえ基本的に楽しいですし、やりがいも大きかったです。何より短期間?ですごい成長できたと思います。辞める際も社長も含めてみなさん快く送り出してくれて、クラスメソッドのことは今も大好きですし、知人に自信をもって勧められる会社だと思ってます!

今こうして振り返ってみると、30代のうちにビジネス側の経験やマネジメントの経験も積んでおきたいと考えていたので、希望通りどころか希望以上に多くの経験を積ませてもらったと思います。同僚のみなさんはビジネスとかマネジメントよりもプレイヤーとして開発をやりたいと言ってたのでは?と思いましたよね。おっしゃる通りで常に言ってました。キャリア上は経験したいと考えていましたが、実際にやってみるとやはり大変でしたし、プレイヤーとしてのスキルとキャリアも下がるので、どこまでやるか、いつまで続けるかは常に悩んでいました。何より私がビジネスとかマネジメントをやりたいと言ったらもっとそちらの仕事を振られる気がしましたし。なので、プレイヤーとして仕事したいと常に言ってバランスを取るようにしてました。嫌々やっていたわけではないのでご安心くださいw

2月からはB2Bの自社サービスベンダーでAPI開発エンジニアとして働きます。もちろんエンジニアリングの能力で貢献したいと思っていますが、必要に応じてビジネスやマネジメントなど自分が持っている経験の引き出しもうまく使って事業の成長に貢献できればと考えています。